NEWS&TOPICS - 最新エントリー

(1) 「高活協JCASCAメールマガジン 2016/1/31号」が発行されました。

 

<目次>

■高活協からのお知らせ・理事会・各部会の報告

○高活協「2015年度賀詞交歓会」が開催されました。

2015年度・第5回理事会の報告

○第1部会・2015年の講演一覧

 

■コーナー「しなやかに老後を生きる」

○介護ロボット特区に期待

 

■関連News&Topics

<セミナー・シンポ開催予定>

<高齢者就業・関連情報>

 

 

(2)平成27年第一部会の講演一覧が「活動レポート」に掲載されました。

 

  6回シンポジウム“65歳以上をどう生きるか! どう働くか!”が、1111

千代田区・内幸町ホールで開催されました。

 

 下記のURLをクリックしていただくと、当日の基調講演やパネルディスカッションの内容が全文PDFでご覧いただけます。

http://jcasca.org/uploads/photos1/40.pdf


 ≪第1部    基調講演≫

「現役世代にも考えてもらいたい65歳を過ぎてからの働き方」

岡本憲之/JST高齢社会領域アドバイザー・高齢者活躍支援協議会副理事長

 

≪第2部 パネルディスカッション≫「シニアの働き方とふところ事情」

コーディネーター:柳沼正秀 FP・高齢者活躍支援協議会理事

パネリスト:澤木 明/ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士 

      霧島 誠/アクティブシニア就業支援センター「わくわくサポート三鷹」所長

     髙平ゆかり/㈱マイスター60常務取締役シニアビジネス事業本部長 

 エイジマネジメント研究会 秋のシンポジウム

「中高齢期においても元気に働き続けるためには?」

 

高年齢労働者の活用は、超高齢社会を迎えた我が国にとって、活力ある社会づくりのための重要なキーワードです。

エイジマネジメント研究会では、「加齢に伴う諸機能の変化を知り、適切な対応・対策を行うことで、暦年齢にかかわらず、いきいきと働くことができる活動」を「エイジマネジメント活動」と位置づけ、「労働者の健康度や生活機能、労働適応能力の保持・増進にはどのような取組が必要なのか」について学術的、実務的な観点から検討しております。

今回のシンポジウムでは、“中高齢期においても元気に働き続けるためには?”をテーマに、現場での実践、食事と運動のポイント、研究知見の応用方法、等についてのディスカッションを企画しております。

なお、昨年から始まりました、当シンポジウムは日本産業衛生学会エイジマネジメント研究会会員のみならず、広く一般の方々、特に企業の人事労務ご担当者と議論を交わすことを目的に、これまで当研究会で培ってきたエイジマネジメントに関する知見を整理し、“生涯現役社会”を実現するためには何が必要なのかを考える場になればと考えております。

 

◆期日:平成271124()
◆時間:1330分~1630分(受付13:00)

◆場所:日本教育会館
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3
都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5
東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5
 

◆定員 : 先着100

◆参加費 : 無料

◆主催 : 公益社団法人日本産業衛生学会 エイジマネジメント研究会

 一般財団法人日本予防医学協会

◆申込方法 : 下記のHPの申込フォームからお申込みください。

https://www.jpm1960.org/home/seminar20151124.html

 高齢者活躍支援協議会・シニアセカンドキャリア推進協会共催シンポジウム

65歳以上をどう生きるか! どう働くか!」

 

日 時:20151111() 13301630(開場:1300

会 場:千代田区立内幸町ホール(千代田区内幸町1-5-1 ☎03-3500-5578) 

定 員:200人(定員になり次第、締め切らせていただきます)

参加費:500円(当日会場にてお支払いください)

問合せ・申込み:高齢者活躍支援協議会 事務局(03-6661-0018 info@jcasca.org)

 

■第1部 基調講演「現役世代にも考えてもらいたい65歳を過ぎてからの働き方」

     講師:岡本憲之(JST高齢社会領域アドバイザー、高活協副理事長)


■第2部 パネルディスカッション「シニアの働き方とふところ事情」

     コーディネーター:柳沼正秀(ファイナンシャルプランナー、高活協理事)

 

     パネリスト:澤木 明(ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士)

         霧島 誠(アクティブシニア就業支援センター「わくわくサポート三鷹」所長

        高平ゆかり(㈱マイスター60常務取締役シニアビジネス事業本部長)

 http://jcasca.org/uploads/photos1/38.pdf

 老若男女で語り合う高齢社会フォーラム

第1回「誰もが働きやすい社会づくりを」

 

わが国は少子高齢化に伴い、老若男女それぞれの存在感が高まっています。

そうした中、老若男女が相互に尊敬し合い、協働して、それぞれが生きがいと

やりがいを持って心豊かに暮らせる社会づくりが求められています。

本フォーラムは、超高齢社会の様々な課題について、老若男女、関係者が

同じ土俵で語り合う中で、課題解決への具体的な道筋を探ろうとするものです。

 

■日 時:2015912日(土)14001700

■会 場:拓殖大学文京キャンパス C館303教室  

■定 員:200名(定員になり次第締め切ります)

■参加費:500円(当日会場にてお支払いください)

■主 催:一般社団法人高齢者活躍支援協議会(高活協)

<プログラム>

●基調講演:上田研二氏(60歳以上の人材派遣会社「㈱高齢社」創業者、

            高活協理事長)

      「夢と生きがいに充ちた生涯現役人生」

 

●パネルディスカッション「誰もが働きやすい社会づくりを」

  コーディネーター:河合雅司氏(産経新聞論説委員)

  コメンテーター :権丈英子(亜細亜大学経済学部教授)

  パネリスト   :野村邦男(東京ガスライフバルTAKEUCHI㈱会長)

             *女子社員の子育てや介護等家事支援サービスの

              利用料の半額を会社で負担する制度を実施

           前崎 望(上記TAKEUCHI㈱の社員で、制度のサービス利用者)

           有我昌時(主として高齢の女性を雇用し家事支援サービスを提供)

 

■問合せ・申込み:(一社)高齢者活躍支援協議会(高活協)事務局

          TEL:03-6661-0018 FAX:03-6661-0604 Mail:info@jcasca.org

 *老若男女で語り合う高齢社会フォーラムのチラシ・申込書のPDFは下記をクリックしてください。

 老若男女で語り合う高齢社会フォーラムの案内

<第10回「高活ビズ起業塾」開催日>
◆第10回セミナー「インターネット・SNSの活用」
 平成27年7月18日(土) 13:00~16:30
◆講師
◇無料通話(スカイプ)を活用し在宅で英語の手作りレッスン
         「英検一級道場」主宰 山中 昇さん
 「英語難民の駆け込み寺、寺子屋」-。海外勤務時の英語力を活かし
早朝、夜間、週末にスカイプを利用して英語レッスンを実施。
インターネットの環境が揃っていれば、全国各地、海外からでも授業が
受けられ、個々人のレベルに合わせた手作りの授業ができるのが強み。
「スカイプが教育に革命をもたらした」という山中さんは、
いまも英検一級試験に通算25回の合格を続けている。
◇iPadやFBを活用、生涯現役のスマートシニアを目指す
         牧アイティ研究所代表 牧 壮さん
 マレーシアで13年間、インターネットを活用したリゾートオフィスを実現。
75歳で帰国、「シニアがシニアに指導する」iPadのインストラクターの
育成活動を始める。
 いまは聖路加国際病院日野原先生の新老人の会(スマートシニア・アソシエーション)
などでシニアのITサポート支援活動を展開中。
このほど、「iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法」を出版した。
*都合により講師等を変更する場合があります。
◆日本女子会館(5階会議室)
 東京都港区芝公園2-6-8 ・地下鉄都営三田線「芝公園」A3出口徒歩2分
◆受講料 2,500円   ●定 員 35名
◆お申し込み・お問合せ先◆
一般社団法人高齢者活躍支援協議会(セミナー事務局:水野)
メールinfo@jcasca.org  TEL:03-6661-0018 FAX:03-6661-0604

HPhttp://jcasca.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆

Japanese Council for Assisting SeniorCitizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2015/5/31号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協からのお知らせ・各部会の報告
○高活協の第4回定時総会が5月29日開催されました
○第1部会(5月)の報告
○第2部会(5月)の報告
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
○シニアからの趣味を活かした起業
■関連News&Topics
○働く年金世代急増 60代後半の5人に2人 14年度
 (2015年5月27日 日本経済新聞 電子版)
○高齢者雇用の総合誌 エルダー2015年5月号
(独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構)
○プロダクティブ・エイジング・シンポジウム
「納得できる旅立ちのために
―自分で決める生き方、老い方を考える」
(国際長寿センター)
○雇用環境整備士資格(第?種~第?種)講習会のお知らせ
 (一般社団法人日本雇用環境整備機構)
○第3回高齢社会検定試験が9月12日(土)に実施
 (一般社団法人高齢社会検定協会)
○平成26年度「大学等卒業者の就職状況調査」(厚労省)
~大学卒業者の就職率は96.7%と前年同期比2.3ポイント
上昇し、平成20年3月卒業者以来7年ぶりの水準。
平成27年4月1日現在~
○平成26年度「高校新卒者の求人・求職・内定状況」
取りまとめ(厚労省)
~高校生の就職内定率は98.8%と前年同期比0.6ポイント
上昇し、平成4年3月卒業者以来23年ぶりの水準。
平成27年3月末現在~
○データブック国際労働比較2015
(労働政策研究・研修機構)
○「パワーハラスメント対策導入マニュアル」を初めて
作成しました(厚労省)
○女性の活躍支援策に必要な視点(日本総研)
下記URLにアクセスし、メールマガジン本文をご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆

Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2015/4/30号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協からのお知らせ・各部会の報告
○総合研究開発機構「わたしの構想」(冊子)に
 ㈱高齢社最高顧問の上田研二が紹介されました。
○第9回「高活ビズ起業塾」開催の報告
テーマ「地域住民・企業・行政のパートナーシップ」
○第1部会の報告
○第2部会の報告
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
○ライフスタイル革命
■関連News&Topics
○高齢者雇用の総合誌 エルダー2015年4月号
(独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構)
○第3回高齢社会検定試験が9月12日(土)に実施
 (一般社団法人高齢社会検定協会)
○高齢期の就労意向を決めるもの(第一生命経済研究所)
○平成26年度 退職公務員生活状況調査の結果(人事院)
○高連協「高齢者の社会参画に関する調査」結果の報告
(高連協加盟団体による全国アンケート調査)
○2014年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果
(一社)日本経済団体連合会
○基調講演 2025年、経済の活性化と高齢化の両立は可能か
 (JA共済総研セミナー)
○高齢者雇用の現状と人事管理の展望
~「高齢者調査」と「経営者・管理職調査」から
(高齢・障害者雇用支援機構)
○MRIマンスリーレビュー 2015年4月号
特集プラチナコミュニティが豊かな高齢社会をつくる
~全国で動き出した日本版CCRCの取組み(三菱総合研究所)

第9回「高活ビズ起業塾」開催の案内

カテゴリ : 
News&Topics
執筆 : 
staff 2015-3-9 17:10
 第9回高活ビズセミナー「地域住民・企業・行政のパートナーシップ(協働)」が
下記の要領で開催されます。
 今回は地域住民・企業・行政のパートナーシップ(協働)によるシニアの雇用や
身近な環境改善、地域再生の活動を展開する日本グラウンドワーク協会の
活動概要を紹介します。
 皆様のご参加をお待ちしています。
◇平成27年4月11日(土) 13:00~17:00
●講師
◇雇用対策と環境・地域再生を目指す
  一般財団法人日本グラウンドワーク協会事務局長 斎藤 仁志さん
 地域住民・企業・行政のパートナーシップ(協働)によるシニアの雇用や
身近な環境改善、地域再生の活動を展開するグラウンドワークは英国で誕生、
日本には1990年代前半に紹介、導入。環境保全、共生社会を目指して農地
・水・自然環境保護、手作り公園整備、冬期集住・二地域居住、古民家再生
などの活動を推進している。
◇シニアの自立、就労支援と地域の社会貢献活動
   NPO法人グラウンドワーク笠間 塙 茂さん
 グラウンドワーク笠間は設立して3年。「地域の未来に笑顔の種をまこう」
「シニアが元気に自立し輝くまちづくり」「笠間市の優れた自然環境を次世代
に継承しよう」を合言葉に、(1)学童の通学安全サポート、シニアの雇用創出と
就労支援、(2)耕作放棄地での栗、野菜の栽培から加工、店舗販売までの
農業6次産業化の推進。(3)“地産地消”のカフェの開店などの事業を展開中。
 *都合により講師等を変更する場合があります。
●日本女子会館(5階会議室)
 東京都港区芝公園2-6-8 ・地下鉄都営三田線「芝公園」A3出口徒歩2分
●受講料 2,500円   ●定 員 35名
◆お申し込み・お問合せ先◆
一般社団法人高齢者活躍支援協議会(セミナー事務局:水野)
メールinfo@jcasca.org  TEL:03-6661-0018 FAX:03-6661-0604

HPhttp://www.jcasca.org/

NEWS&TOPICSメニュー