活動レポート - 第一部会会議録(2017年9月11日)

第一部会会議録(2017年9月11日)

カテゴリ : 
活動レポート
執筆 : 
yagisan 2017-9-27 15:23

 第一部会会議録

 

H29 911日(金) 

出席者:上田()、深山(東京しごとC)、金子、村田(初参加、金子さん紹介()リレーションシップ)、服部一史(講師)、山嵜健太郎(講師)水野、小泉、

 

講師:服部一史氏(㈱LITALICO東京本社LITALICOワークス事業部)

講演概要 講演テーマ「障害者支援事業紹介」「障害者雇用促進」

 

障害者の雇用義務等について定められた法律、「障害者雇用促進法」は、元来は傷痍軍人・戦傷病者の雇用を保障するために制定された。現在従業員が50名以上の事業主は従業員の2%の比率で障害者を雇わなければならないが、大手企業はこの2%に手が届かないところが多い。2023年には2.3%に上がる予定。今後、ハローワークが指導、不足1名当たり月額5万円の納付義務が生じる。著しく雇用が進んでいない場合、社名公表処分になる。

 

()LITALICOの事業内容は①学習塾及び幼児教室の運営事業 ②児童福祉法に基ずく障害児支援事業 ③障害者総合支援法に基づく就労支援事業 ④インターネットメディア事業であり、就労移行支援事業所は全国64拠点に展開している。

日本の人口の約6%が何らかの障害のある方で、精神障害者は年々増加している。労働可能な障害のある方323万人の内、就職者はわずか14%が現状。現「障害者総合支援法」において、各種の「障害福祉サービス」が定められている。就労移行支援事業所も4年間で600事業所増加(全国)している。特に精神障害者の伸びが大きくなっている。また、精神障害、知的障害のある方の雇用管理ポイントおよび障害者雇用でのQ&Aも紹介された。

 

 

講師:山嵜健太郎氏(障がい者就業・生活支援センター サンシティセンター長)

講演概要 講演テーマ「障がい者就業・生活支援センターについて」

 

障がい者就業・生活支援センターの概要(相談者に対して及び企業に関しても)があった。また、相談のながれについても説明された。H28年度支援実績としては、支援事業所数165事業所、相談件数7161件、職場訪問回数603回(定着支援のみ)就労件数40人であった。支援事例としては、企業、福祉施設、グループホーム、特別支援学校との連携支援がある。また、ハローワークと連携して企業支援のケースも紹介された。また、当地域就労援助センターとして活動している、社会福祉法人 「進和学園」では1958年からホンダ車部品授産事業も行っており、このご紹介もあった。

以上 小泉

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://jcasca.org/modules/report_koukatsu/tb.php/19

活動レポートメニュー