活動レポート - 201705のエントリ

 <4月の第一部会会議録>

◇期日:平成29年 4月6日(木)
◇出席者:上田理事長、粟屋(デサムコンサルティング(株))、
    秋山(㈱オリオネット・テクノロジー)、水野、小泉の各氏

講師: 味の素(㈱研究開発企画部 総合戦略グループ 
                 小林 久峰 シニアマネージャー

               (現在味の素のTVコマーシャルに出演中)

◇講演テーマ 「アミノ酸によるサルコペニアの予防・改善」

〇サルコペニアを防ぐには、⾷事で良質なたんぱく質
(主として動物性たんぱ質)をしっかり摂ることが必要

〇たんぱく質の中では、必須アミノ酸とロイシンが重要

〇ロイシン⾼配合必須アミノ酸Amino L40™ の摂取は、
⾼齢者において効率に筋タンパク質の合成を引き起こし、
筋量・筋⼒⾝体運動能⼒を改善する

〇サルコペニアの予防・改善には、運動トレーニングとの
併⽤がより有効である

〇⼆次性サルコペニアの改善に関するエビデンスが蓄積

〇アミノ酸を利⽤したサルコペニア対策⽤のサプリメント、
⾷品が拡⼤しつつある

◇次回の第一部会は6月2(金)に、高活協メンバーの
笠間市在住の塙さんが、NPO法人に加えて、さらに、
この2月に「笠間民芸の里」を購入、再生に乗り出した
元気一杯の楽しい話をお聞きする予定です。

活動レポートメニュー