活動レポート - 最新エントリー

平成27年11月第一部会会議録

カテゴリ : 
活動レポート
執筆 : 
yagisan 2015-11-21 10:00

 第一部会会議録

H27.115日(木) 会場:港区勤労福祉会館 14:0016:30

 

出席者:山崎(初参加メイツ中国)、久保田、水野、松永、堀、村岡、山下、小泉、


◇講師:村岡 宏哲 ㈱ワイシーシーデータサービス代表取締役    

◆講演概要 講演テーマ ㈱ワイシーシーデータサービスの会社概要

 

この会社は、創業32年で以下に説明するような情報サービス事業(主としてデータ入力)とレストラン事業(神田にあるジンギスカン「ヤマダモンゴル」と「神田玉とん」)を行っている。

 

顧客は金融関係が中心で、その他役所、医療、学校関係など、公的機関が多い為、非常に神経を使う仕事が多いそうです。即ちミスがあると大変な損害賠償をしなくてはそうです。

 

データ入力としては、間違いをなくすため、専用機、専用ソフトを利用した、エントリー/ベリファイ方式、即ちAさんが入力してから、Bさんが上書き(検査入力)して修正しながら打つ方式と、エントリー*エントリー→マッチング方式(通常のPCで),即ちA、B、Cで打ってマッチングする方式がある。公的機関のお仕事は時期的な拘束もあり、更により精度を高める努力を行っている。

 

◇講師:堀 茂男 ㈱キャリアプランニング 倉敷支社長    

◆講演概要 講演テーマ 「㈱キャリアプランニングの会社概要」

 

この会社は、創業29年で、中四国エリアに特化した総合人材サービス会社である。親会社は「㈱天満屋」である。事業内容としては、人材派遣、有料職業紹介事業、教育・研修・コンサルティング事業、アウトソーシング事業、求人媒体事業を行っており、「地元企業の第二人事部」をめざす」というミッションを設定している。

 

教育研修事業では、各地域で新入社員研修を含め、多数の研修プログラムを用意している。受託事業部では、未就職卒業者や中高年の就業支援事業を受託している。

H21年からは「看護師紹介事業部」も発足した。更に新事業として、外国人技能実習生事業も提案している。

 

新しい仕事は増やすが、以前の仕事も減らさないのがモットーなので、社員は増えているそうです。また、日本陸連公認のそうじゃ吉備路ハーフマラソンなどにも特別協賛している。

 以上(小泉)

 

   老若男女で語り合う高齢社会フォーラム~明るく活力ある長寿社会をめざして~

「第1回誰もが働きやすい社会づくりを」(主催:一般社団法人高齢者活躍支援協議会、協力:拓殖大学、シニアセカンドキャリア推進協会、高齢社会NGO連携協議会など)が912日、東京都文京区小日向の拓殖大学・文京キャンパスで開催されました。

 

 ≪開会挨拶渡辺利夫/高活協会長(拓殖大学総長)

日本の少子高齢化は深刻な問題です。でも、この問題の暗部だけ見ていても克服するための政策や考え方は生まれてきません。考え方のギアチェンジをしませんか?われわれがこの社会をどう生きるか、具体的な視点で考えてみようと、今日のシンポジウムを開きました。老若男女で知恵を出してください。簡単なテーマではありません。少なくとも年に1回は集まって知恵を蓄積し、最終的にすぐれた政策提言やライフプランを打ち出したいと思います。

考えてみれば、高齢社会は人生や仕事の経験が豊かな人の比率が高い社会。高齢者の知恵と経験が生かせる社会です。高齢者自身も研鑽しつづけなければなりません。

(全文を見たい方は下記のURLをクリックしてください)

老若男女で語り合う高齢社会フォーラムの開催レポート

 

 ◆第一部会会議録

 

 平成27年9月の第一部会が開催されました。主な概要は下記のとおりです。

 

平成27915日(火)14:0016:30 会場:港区勤労福祉会館 

出席者:上田、水野、志村、大沢、久保田、松永、栗原、堀、村岡、山下、小泉、     

◇講演概要 講演テーマ 「労働者派遣法改正案について」

 ◇講師:新田滋課長代理(株式会社アヴァンティスタッフ 経営企画部)

 

毎年、講師をお願いしており今回は第3回目。毎回皆様にも大変好評であり、多数の参加者および活発で有意義な討議がなされました。今回の派遣法改正は我々派遣会社にとっても今後、非常に大きな影響力が出ると考えられる改正法であります。資料として以下の3点を配布して頂きました。

 

1)月刊HRタイムズ 派遣法改正特集号(アヴァンティスタッフ制作)

2)第226回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会 資料

3)政省令告示事項について

 

今回は、主として上記資料1)を中心に説明を受けました。先ず、

Ⅰ.派遣法改正の主旨・目的: 専門業務と自由化業務の判断基準が分かりにくく問題であることから分かりやすい制度とすること、また派遣スタッフの雇用の安定や処遇の改善を進めることなどを目的として改正された。

 

Ⅱ.派遣法改正の全体像:特定労働者派遣事業が廃止され、派遣事業は許可

 制に一本化、政令26業務と自由化業務の区分撤廃、業務内容に関わらず

 「派遣先事業所単位」と「派遣スタッフ個人単位」の期間制限が適用、

 雇用安定措置が義務付けられる(派遣元、派遣先)

 

Ⅲ.派遣受入期間制限:派遣先事業所単位の期間制限3年(意見聴取をして

 3年延長、更に意見聴取して3年延長)、個人単位の期間制限3年(組織単位

(課)を超えての移動は可)、3年の起算は、その事業所で最初に始まる新法

(改正法)適用契約の開始日からである。

 

 即ち新法が適用されるのは、改正法の“施行日以降に締結する”派遣契約

(更新契約含む)からとなる。3年の上限に達する派遣スタッフに対して、

 直接雇用を含む各種の雇用安定処置を取らなければならない。

 

Ⅳ.派遣先に課せられる義務:義務、配慮義務、努力義務についても

  説明された。 以上(小泉)

 第一部会会議録  H27.730日(木)

会場:港区勤労福祉会館 14:0016:30

 

出席者:幸山、山下、本間、小竹、水野、小泉の各氏

 

講師:池内ひろ美氏

  (夫婦・家族問題評論家、

    Girl Power一般社団法人日本女子力推進事業団 代表理事)      

講演概要 講演テーマ は「日 本の家族」


 

 毎月1~2回のセミナーを通して、安心して子供を産むことの

できる社会を作り、女子力の高い日本女性が世界のロールモデル

となれるよう、日本の文化 と心を再発見できるべく活躍されています。

 池内代表は20年前から続けてきた夫婦・家族問題のご相談を

約3万件も受けてこられました。

 

 Girl Power理事には、安部首相夫人の安部昭恵さまもご参画されて

おられます。会員男性は女性と良い関係を築くため、女性を支える

ためにご参加下さっています。                         

 現在、恋人がいない20~30代世代(55%)で、出会いの場がない(55.5%)、から無理にから結婚しない(41.3%)、

また独身者の24%が結婚したくないとのデータが紹介された。

一方、結婚希望者は45.6%である。

 

伝統的結婚、現在の結婚、日本の家族システムなどについてもお話された。

さらに、男性と女性の脳の違いによる行動パターンについても解説された。

 

Girl Power 活動として本講演前日も、安部首相夫人と共に東北の被災

地区で、フラダンスの手話踊りを含め、毎年慰問を行っているそうです。

 また、海外の開発途上国の女性達に生理用品を送付する活動、これらの

資金は日本でのチャリティーパーティで賄っているそうです。

送るだけでなく、現地で布製での製造などの産業化にも寄与している

とのことです。(小泉)

第1部会が6月30日に開催されました

カテゴリ : 
活動レポート
執筆 : 
yagisan 2015-7-11 13:01
第一部会会議録
会場:港区勤労福祉会館 H27.6/30日(火)14:00~16:30

出席者:上田理事長、松永、平野、栗原、本間、村岡(初参加)、小竹、水野、小泉の各氏

指導:乙部純枝(笑いヨガティチャー、一般社団法人ラフターヨガ・ ネット所属、NPO法人ラフターヨガジャパン賛助会員、認知症予防ゲーム指導者)      

<講演概要>
基本的には5つのガイドラインから成っています。即ち、1)アイコンタクト、2)子供のような遊び心、3)痛い時は無理をしない、4)自分から笑、行動する、5)おしゃべりは控える

「ラフターヨガ(笑いヨガ)」は 笑い とヨ ガの 呼吸法を組み合わせた エクササイズ。「笑い」は健康の元。「笑うこと」で多くの酸素を自然に体に取り入れ、心身共にすっきりし元気になります。脳の中では毎秒10万回以上の化学反応が起こり、多幸感を増す“薬”が製造されます。参加されていた、本間薬剤師もこの「笑い」で、免疫力が増すとのコメントもありました。

だれでもすぐにでき、冗談、ユー モア、コメディーに頼らない「ただ笑うだけ」の 画期的な健康法です。最初はムリ笑だけでも良いのです!

それに、認知症予防の楽しいゲームも組み合わせ、大いに笑って(特に、右脳の老化を防止、エンドルフィンを放出し、これが鎮痛作用にもなる)、とても楽しい大変貴重な90分でした。

ゲームでは間違えると無意識に笑ってしまうものですね!脳の活性化に一番寄与するのは、手、口なので、ゲーム中も、声を出して、手先を動かすのが効果的な訳です。普段、難しい顔をしているビジネスマンにもっと笑って健康になって頂きたいものです。

ユーモア大好きの上田会長にも御参加頂き、日頃のストレス解消法を大いに笑って勉強させて頂きました。(小泉)

活動レポートメニュー